サプリメント

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

注意する成分(5)シネフリン

皆さんは「みかんやオレンジに含まれる成分がダイエットに効果的」という情報を耳にしたことはありませんか?実際にシトラスダイエットと称して、シトラス成分(柑橘類に含まれる成分)主成分としたダイエット製品もたくさん見かけるのではないかとい思います。

シネフリンはダイエット効果が期待されている成分の一つですが、その期待と実際の効果には少しギャップがあり、場合によっては食べ合わせに気をつけなければいけない成分ですので、少しご紹介させて頂きますね。

シネフリンはみかんやオレンジなどに含まれている酸味成分で、特に未成熟の果実(青いみかん)に多く含まれています。体脂肪の蓄積を抑え、脂肪燃焼を促進する効果が期待されています。

シネフリンはもともと薬として開発されましたが、後に天然界に存在することがあきらかになったため、ダイエット効果を期待してサプリメントに利用されるようになりました。

シネフリンは細胞内にあるβアドレナリン受容体というセンサーを刺激し、アドレナリンやノルアドレナリンといったホルモンと結合することでその働きを活性化するため、体脂肪が蓄積するのを抑え(脂肪分解を促進し)、燃焼(代謝)を高める効果が期待され、ダイエット素材として注目を集めています。

ですが、実際には人に対する体脂肪減少効果に関してはその研究はあまり報告されていません。実際に報告されている研究も、ダイエット効果がないわけではありませんが、その効果は小さく、特に劇的な効果が期待できる成分ではありません。

また、健康な人に対してシネフリンを投与すると、急激に心拍数や血圧が上がったり、血流が増加したりします。その上、心筋梗塞の患者さんの薬(ニトログリセリン)の効果を弱めてしまうとも言われています。そのため、カナダではある特定のシネフリン製品の使用を禁止しています(この製品はシネフリンの効果を増すために、高濃度のカフェインや他の興奮性成分を配合しており、場合によっては死に至るほどの有害な副作用を起こす可能性があるためだそうです)。

シネフリンを主成分にしたダイエットサプリメントを利用する場合は、カフェインやカテキンなどの刺激物が多く含まれているかどうかをチェックし、シネフリンと一緒に刺激性成分を多く摂り過ぎないように注意してください。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.