サプリメント

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

食品との食べ合わせ

皆さんは「食べ合わせ」についてどの位気をつけていらっしゃるでしょうか?「うなぎと梅干」、「すいかとてんぷら」など食品に食べ合わせがあるように、サプリメントにも食べあわせがあります。食べあわせによっては、それぞれの効果を相殺してしまったり、あるいは不調の原因になったりもします。

せっかく体のために良いと思ってサプリメントを利用したのに、期待した効果が得られないどころか、かえって体調不良の原因になってしまうのはとても残念ですよね。そんなことにならないようにするためにも、食品とサプリメントの食べ合わせにも注意して下さい。以下に、サプリメントを利用する場合に気をつけて頂きたい事を簡単にご説明します。

まず、サプリメントを飲む場合にはお水に気をつけなければなりません。最近ではミネラルウォーターでサプリメントを飲む方が多いのですが、硬水と呼ばれるミネラルウォーターはマグネシウムやカルシウムを多く含んでいるため、栄養成分の吸収を悪くしてしまう場合が多いのです。サプリメントを飲む場合はお水(軟水)で飲むことをオススメします。

次に、食後にコーヒーや紅茶、お茶などを飲む習慣がある方がいると思いますが、コーヒーや紅茶に含まれるカフェインやお茶に含まれるカテキンやタンニンは栄養成分と結合しやすく、栄養成分の吸収を妨げる成分ですので、食後30分以降に飲むことをオススメします。

ビタミンB群を摂る時には数種類(ビタミンB1、B6、B12など)を一緒に摂ると、お互いの効果を高めてくれると言われていますので、ビタミンBコンプレックスやマルチビタミンなどの形で摂る事をオススメします。

ビタミンCとビタミンEを一緒に摂ると抗酸化力が高まり、相乗効果が期待できますので、一緒に摂る事をオススメします。

気をつけなければならない組み合わせはビタミン・ミネラル類と食物繊維です。食物繊維を大量にとると、食物繊維がビタミンやミネラル類を吸着してしまい、体外に排出栄養成分の吸収を妨げてしまいますので要注意です

また、食べ合わせではないですが、老化防止・ボケ防止として利用されているイチョウ葉エキスはアスピリンなどの解熱鎮痛剤と一緒に摂ると危険だと言われていますので、気をつけて下さい。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.