サプリメント

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

ミネラル系サプリメント

ビタミンと並び、サプリメントの代表であるミネラル類。カルシウムは骨に良いとか、亜鉛が足りないと味覚がおかしくなる・・・という話を耳にした事がある方もいらっしゃるのではないでしょうか?ではミネラルとはいったい何なのでしょう?

私たちの体の96%は炭素、窒素、水素、酸素の4元素から構成されています。その4元素以外の(鉄、亜鉛、銅、カリウム、マグネシウム、リンなど)体の働きを助ける微量鉱物(無機質)のことを総称してミネラルと呼び、これらは体の機能を正常に維持するために働いています。例えば、骨を作ったり、体のPHを正常に保ったり、たんぱく質と結合して酵素の働きを助けたり、ホルモンの材料になったり・・・という具合です。

ビタミンとの大きな違いは、体の中に存在するミネラル量のバランスが取れていないと拮抗作用(反対の作用)を起こすという点です。ですから、1種類のミネラルだけを摂っても他のミネラルの吸収を妨げたり、体の外へ出すように働きかけたりしてしまうのです。

基本的には正しい食生活が出来ていればミネラルが不足することはあまりありませんが、ストレスが多い生活や、時間が不規則な生活になりがちですと、体を守ろうとして代謝機能の中でミネラルが多く利用され不足しやすくなりますので、そういう方はサプリメントを利用する事をオススメします。

骨を丈夫にするためにカルシウムをたくさん摂っている方が気をつけなければいけないのは、カルシウムを取りすぎるとマグネシウムが不足しやすくなるということです。マグネシウムは血管をしなやかに保ったり、骨や歯を丈夫に保ったりと体の中で色々な事に使われていますので、やはりバランスよく摂ることが大切になります。

もう一つ、気をつけなければいけないのは、同じミネラルでも、水銀やヒ素など体に有害なミネラルもあり、それらの拮抗作用で体に必要な亜鉛などのミネラルも不足してしまう事があるという点です。有害ミネラルは排気ガスや魚料理等から知らず知らずのうちに体内に摂取していることが多いため、普段は意識していなくてもいつの間にかミネラルのバランスが崩れている場合があります。

最近食べ物が美味しくないな~とか、疲れやすい、つめの表面がボコボコしてきた、と思われる方は、ミネラルバランスが崩れている事がありますので、食事の内容に気をつけるとか、サプリメントを利用するなどしてみてください。以下に各種ミネラルの働きを挙げて見ますので、参考にしてみてください。


体内や脳に酸素を運ぶ。肝臓、脾臓、骨髄、腸などに体内に鉄が不足した時のための予備としても蓄えられる。貧血、息切れ、動悸、めまい、疲労、などを軽減する。カフェインは鉄の吸収を阻害するため、鉄をサプリメントで摂る時はお茶で飲まないようにする


ヘモグロビンと鉄を結びつけ、抗酸化酵素の成分として働く。

亜鉛

色々な酵素を活性化し、タンパク質の合成や免疫力アップ、ホルモンの分泌をサポート。不足すると、味覚障害、皮膚炎、脱毛、爪の変形などの症状が起こる。

カルシウム

主に歯や骨を作るために使われる。筋肉の収縮を円滑にし、血液の凝固作用を促進し、イライラを抑えるために働く。

マグネシウム

細胞内のカルシウム量を調整し、けいれんや震え、筋梗塞などを抑える。筋肉痛の緩和にも役立つ。

セレン

活性酸素を除去し体の酸化を抑える。心臓障害のリスクを低くする。セレンの抗酸化作用はビタミンEの50~100倍とも言われている。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.