サプリメント

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

ビタミン系サプリメント

サプリメントと聞いて真っ先にビタミン類を想像する方が多いのではないでしょうか?勿論、それは正解です!

が、ではビタミンって何に良いの?というところまではご存知ない方が多いと思います。実際に私が相談を受けていた時も、「ビタミンを飲むタイミングがわからない」とか、「どんな時にどんなビタミンを飲んだらいいの?」という質問を多く受けました。

そこで、ビタミンについて、知っておいた方が良い基本的な事をご説明させて頂きますね。

ビタミンは体の中にごく微量存在し、代謝を助けたり調節したりする微量成分のことです。ビタミンは水と油とどちらに解けやすいかで、水溶性と脂溶性のものに分けられます。

水溶性のビタミンは水に溶けやすく熱に弱いので、体内では水に溶けた状態で存在しています。ですから多く摂りすぎても尿と一緒に体外に排泄されるため、過剰症の心配が少ないのが特徴です。水溶性のビタミンにはビタミンB群、C、葉酸などがあります。ですから、この水溶性のビタミンを多く含む野菜を水で洗いすぎると、含まれているビタミンが流れて出てしまうので注意しなければなりません。水溶性のビタミンは体の中に貯めておけないので、健康な体を維持するためには毎日摂取する事が大切になります。

一方、脂溶性のビタミンは比較的熱に強く、体の中では油に溶けた状態で存在しています。水に溶けにくいため、脂溶性のビタミンを多く含む野菜を水洗いした時に成分が流れ出てしまう心配はないのですが、多く摂りすぎると体の中に溜まってしまい、時として害を及ぼす事もありますので摂りすぎには気をつけなければいけません。代表的な脂溶性ビタミンにはビタミンA、D、E、Kがあります。

ビタミン類のほとんどは体の中でエネルギーを作るときの補酵素(代謝を助ける酵素の働きを助ける役割)や体の機能を正常に維持するための成分として働きますので、不足すると代謝が悪くなりやすいのが特徴です。以下にビタミンの働きを挙げてみますので参考にしてみてください。

水溶性ビタミン

ビタミンB1

糖質(炭水化物)からエネルギーを作るときに使われる。疲れ目、肩こり、腰痛、便秘、手足のしびれなどの改善をサポート

ビタミンB2

目や皮膚、口、鼻の粘膜を健康に保ち、脂肪からエネルギーを作るときに使われる。疲れ目、口内炎、疲労回復をサポート

ビタミンB6

タンパク質や脂質の吸収を助け、中枢神経が正常に働くために使われ、皮膚疾患の予防にも関わっている。にきび、夜間の足のひきつり、手のしびれ回復をサポート

ビタミンB12

タンパク質や核酸の代謝や赤血球の再生、形成に働き、精神安定にも関わっている。葉酸と併用するのがオススメ、悪性貧血、集中力アップ、記憶力アップをサポート

ビタミンC

皮膚粘膜を健康に保ち、抗酸化作用がある。血管、骨、筋肉の形成に必要なコラーゲンの生成を促進、免疫力を高める。日焼けを防ぎ、鉄の吸収を助ける。壊血病、歯茎からの出欠、美白をサポート

葉酸

タンパク質や糖質の代謝を助け、ヘモグロビンや赤血球、核酸の生成を助ける。妊娠時、授乳時に摂取すると母乳の出が良くなる。食欲増進、貧血予防に役立つ

脂溶性ビタミン

ビタミンA

粘膜の形成や機能関わり、目の健康に役立つ。夜盲症、眼球乾燥などの改善、老班の回復をサポート。ベータカロテンで摂取するのがオススメ。

ビタミンD

骨の形成を促進し、カルシウムの吸収を助ける。また、血液中のカルシウムの量を一定に保つ働きがある。カルシウムやリンの代謝、ビタミンAの吸収を助ける。風邪予防、結膜炎の改善、虫歯予防に役立つ

ビタミンE

体内の脂肪を酸化から守り、血液循環を良くし、皮膚の老化を防ぐことに働く。強い抗酸化作用があり、脂質以外にもビタミンA、C、システイン、メチオニンの酸化も防ぐ。利尿作用があり、血圧低下、足の痙攣緩和、血液さらさらなどをサポート。

ビタミンK

出血した血液を凝固させる物質「プロトロンピン」などの形成に不可欠で、内出血なども防ぐ

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.