サプリメント

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

サプリメントのデメリット

サプリメントは不足しがちな栄養素を手軽に補給できる便利なものですが、成分が濃縮してあり、簡単に摂取できるために気をつけなければいけない点もあります。では、サプリメントを利用する際に気をつけなければいけない点は何なのでしょうか?気をつけて頂きたい項目を挙げてみますね。

■ サプリメント(単一成分)の摂りすぎに注意する
■ 医薬品との組み合わせに注意する
■ 摂取するタイミングに気をつける
■ ダイエット目的のサプリメントの場合、体に有害な成分が含まれていることもある
■ ビタミンやミネラル等の種類によっては、1種類(単体)で摂ると吸収がよくない場合がある

「過ぎたるは及ばざるが如し」ということわざがありますが、サプリメントの成分も通常の食事で取る場合より成分が濃縮してあったり、配合量が多かったりするので、サプリメント(特定の栄養成分の)摂りすぎには注意しなければいけません。

水溶性ビタミンのように、多く摂りすぎたら体外に排泄される成分なら良いですが、体の中に蓄積される成分の場合、過剰症を起こす事があります。特にサプリメントの場合、簡単に摂取する事ができるため、多くの方は感覚的に「足りないよりは良いだろ」と思いがちのようです。

また、ダイエット目的で摂取するサプリメントの場合、複数の成分がミックスされており、中には人体に有害な成分が含まれている場合もあります。

もちろん、法律的に使用を禁止されている成分ですので、国産の製品には少ないようですが、外国の製品の場合、法律や安全性の基準も異なる場合が多いため、知らず知らずのうちにそういった成分を摂っている場合が多いようです。少し前にも、ニュースで中国製のダイエット製品の危険性が報道された事は、まだ皆さんのお耳に新しいのではないでしょうか?

サプリメントはマルチタイプのもの以外は、食事に含まれるような栄養成分がバランスよく補給できるわけではないため、特定の成分だけを多く摂取しがちになってしまうのです。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.