サプリメント

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

漢方とサプリメント

日本では昔から利用されている漢方薬ですが、「漢方は中国からきた天然薬」だと思われている方や、漢方薬だとわからないまま漢方素材を利用されている方が多かったのが印象的でした。

これは「漢方」ということを感覚では(漠然とは)理解していても、具体的に説明しようとすると、どのように説明して良いかわからない・・・という状況になりやすいと思いますので、漢方とサプリメントの違いについて簡単に説明させて頂きますね。

まずは「漢方」とは何なのかというと、薬効成分のある植物や鉱物などを組み合わせて作られた薬です。長い時間をかけて得た治療経験を元に、その人が持っている症状や体質等に合わせて色々な生薬(素材)をブレンドして作る薬です。最近では科学的根拠に基づいて認められている有効性もありますが、その多くは経験に基づいてブレンドされているのが特徴です。

漢方薬は自然の材料を用いて作られているので、安全だと考えている方も多いようですが、これは西洋医学に対してという意味で、漢方も薬効のある素材を使用していますから、使い方次第では「毒」になることもあります。

一方、サプリメントはあくまでも「食品」に分類されますから、お薬のように病気の治療に用いられる事はありませんが、継続的に利用する事により、健康維持や体質改善には役立ちます。

こういう説明をすると「じゃあ、漢方は効くけどサプリメントは効かないってこと?」と思われる方もいるのではないかと思いますが、そんな事はありません。

勿論、サプリメントに即効性を求める事はできませんが、漢方でもサプリメント(ナチュラルハーブ)でも同じ素材を使っていることが多いのです。漢方やサプリメントでは同じ素材を使っていても、日本名と漢方名と英語名が違っているために、馴染みがない方にはわかりにくいのです。

例えば、最近流行のウコン。日本名では「ウコン」と呼ばれていますが、中国名では「欝金(うっきん)」あるいは「薑黄 (キョウオウ)」(※日本では秋ウコンと春ウコンに区別され、種類が違います)と呼ばれ、英語名では「Turmeric(ターメリック)」と呼ばれていますが、どれも同じ素材(ショウガ)です。

この場合、素材(ショウガ)の種類や有効成分(クルクミン等)の含有量が異なっていたりしますので、漢方であれサプリメントであれ、有効成分の含有量を比較することで賢い消費者になれるのです。

結論としては、漢方とサプリメントの違いは薬か食品かということで、使用している素材は同じ場合も多いけれど、その素材の種類や有効成分の強さや配合量が異なっているということです。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.