サプリメント

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

栄養機能食品とは

さてさて、次は栄養機能食品についてです。

これは高齢化やライフスタイルの変化に伴って、バランスの良い食事を摂ることが難しくなっている方が増えているために、1日の食事の中で不足しがちな栄養成分を補給・補完することを目的に、ある特定の栄養素が配合(補給)されている製品です。簡単に言ってしまうと、ビタミン類やミネラル類がある一定の範囲量内で配合されている製品という事になります。

思いだして下さい。食べるサプリメントとして、ビタミンやカルシウム等のチュアブル(ラムネのように噛めるタブレット)タイプのものも多くありますがそういったサプリメントだけでなく、ビタミンC配合のお菓子や、カルシウム添加のお砂糖や牛乳など、特定の栄養素が補給できる食品は栄養機能食品だと言えます。

もちろん、これらの製品にも一定の説明(表示)ができます。例えば、カルシウムを多く配合している製品でしたら、「カルシウムは、骨や歯の形成に必要な栄養素です。」というような表示です。

なんだか混乱してしまいそうな名前ですが、トクホ(特定保健用食品)との一番大きな違いは、厚生労働省から認可を受けているかどうか、という点です。トクホは認可を受けていますが、栄養機能食品は許可を受けていません。

では、許可を受けていないから、役に立たないか?というとそうではありません。ほとんどのビタミン類やミネラル類はそれぞれその機能や欠乏症(体内で不足すると起こる病気)と過剰症(体内で過剰になると起こる病気)が認められています。

ですから、栄養機能食品としてある特定の成分(栄養素)を配合する場合、配合しても良い適正量の範囲が決められていますので、栄養機能食品を利用する事により、不足しがちな栄養素を適正量(=安全に)補給する事ができるのです。

そうは言っても、どの成分が何に良いかという事をご存知ない方が多いですよね。以下に期待できる効果とその成分を簡単に挙げてみますので、参考にしてみてください。

・ 抗酸化作用、皮膚の粘膜の健康維持:ビタミンC
・ 炭水化物からエネルギーを作るサポート:ビタミンB1
・ たんぱく質からエネルギーを作るサポート:ビタミンB2
・ カルシウムの吸収促進:ビタミンD
・ 抗酸化作用(体内の脂質を酸化から守る):ビタミンE
・ 味覚を正常に保つ:亜鉛
・ 骨や歯の形成を正常に保つ:カルシウム
・ 赤血球を作る:鉄
・ 多くの体内酵素の正常な働きとエネルギー産生をサポート:マグネシウム

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.